内祝いを失礼のないように贈るためのレッスン

内祝いを失礼のないように贈るためのレッスン

婦人

本来は

内祝いは、本来は返礼品ではなく、家のお祝いがあった際に、お祝いの品としてまわりの人へ贈る物でした。しかし時がつれて、お祝いをもらった相手にお返しする品という現在のスタイルに変遷していったという歴史があります。

マナーがある

内祝いを贈る場合は、まず名目によってマナーが変わってきますが、いずれの場合もタイミングが大切です。もらってから1か月までを目安にお返しするようにします。また、のしをつけて持参するのが正式な贈り方です。しかし、最近では郵送するケースも多いですので、あまり気にしなくてもよいでしょう。さらに、贈り物の金額の目安ですが、もらった額の半額程度になります。地域や関係性によっても異なりますので、迷ったときは家族や友人の意見を参考にするといいです。

内祝いQ&A

目上の人に贈るときのマナーは?

年配の人は、マナーに厳しい面がありますので、もらったら早々に返礼品を贈ったり、クオリティーの高い品を選ぶなど配慮しましょう。具体的には下着や靴下のギフトは目上の人へは失礼になるといわれているので気をつけましょう。

連名でもらった場合は?

グループ単位でもらった場合のお返しは金額にもよりますが、代表者にお菓子の詰め合わせなどを贈って分けてもらえれば双方気を使わずに済みます。ほかには、自宅に招いてご馳走をしたり、簡単なプチギフトを配るのもいいでしょう。

出産内祝いでおすすめの品は?

お菓子や、日用品、消耗品が定番アイテムとなります。金額も高額ではないケースが多いので、比較的気楽に選ぶことができるはずです。ギフトのほかに、赤ちゃんの名前や写真をカードにしてお披露目するとより喜ばれます。

タブーな物は?

刃物は割れ物はタブーとなっていますが、今はあまり気にされてなくなっているのが実情です。ただ、地域や贈り先の相手の価値観によってはまだまだNGとなるので、リサーチした上で贈ると安心です。

気持ちをより伝えるためのアイデアは?

一言お礼状を加えると丁寧で喜ばれます。長い文章ではなくても構いませんので、できるだけメッセージカードを添えるといいです。また、ラッピングにもこだわると、より華やかになり印象がアップします。

内祝いでもらって嬉しかった物は?

お米

風呂敷に入った素敵なお米のギフトをもらって、とても嬉しかったです。お米はどれだけあっても困らないですし、風呂敷も便利なのですごくありがたかったです。

カタログギフト

定番のアイテムですが、やっぱりカタログギフトが一番ですね。食品や日用品、最近は体験チケットなどもあるので、目移りしてしまいます。選ぶ楽しさもあって好きです。

お菓子

甘い物に目がない私なので、有名パティスリーのお菓子セットをもらったときは、思わず小躍りしちゃいました。私がお菓子好きということを知って、美味しいところを調べてくれたようなので、気持ちが伝わりました。

タオル

クオリティーの高い日本製のタオルセットをいただいて、とても重宝しています。我が家は大家族なので、タオルは何枚あっても助かります。食品は家族の好き嫌いが激しいので、できればタオルや洗剤などがいいですね。

広告募集中